白金セミナーとは

毎年数回、外部から最先端の領域でご活躍の著名な研究者をお招きして、内部の研究の活性化をはかること、また学部内で優れた研究を展開している教員および院生も発表できる場とし、各研究室の研究内容について相互理解を深めることを目的として、白金セミナーを開催しています。
 

白金セミナー

第47回*
平成30年11月6日(火)16:00〜17:00
稲垣 雅尚 先生
塩野義製薬株式会社創薬化学研究所
“オピオイド副作用緩和薬ナルデメジンの創製”

第46回*
平成30年10月9日(火)16:00〜17:30
小林淳一名誉教授
北海道大学
創薬資源としての生物活性天然分子の探索研究 ;Past, Present, and Future”

第45回(代表 今井)
平成30年10月6日(土)16:30〜18:30
Professor NAGARAJA Tejo Prakash Ph.D.
Thapar Institute of Engineering and Technology, India
Selenium in Environment and Biology -An insight into experiences with Se-rich soils in India-”

第44回(代表 長光)
平成30年9月14日(金)15:00〜17:00
Associate Professor Ryan A. Shenvi
Department of Chemistry, The Scripps Research Institute, USA
“Chemical Synthesis of Secondary Metabolites”

第43回(代表 本間)
平成30年8月2日(木)16:30〜18:30
Prof. Alessandro Usiello
Department of Environmental, Biological and Pharmaceutical Sciences and Technologies
The Second University of Naples, Italy
“Free D-Aspartate : from bacterial cell wall to potential involvement in schizophrenia”

第42回(代表 中原)
平成30年7月20日(水)16:30〜18:30
村松 里衣子 先生
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 神経薬理研究部
“脳神経回路の修復における臓器間ネットワークの意義”

第41回(代表 供田)
平成30年6月29日(金)16:30〜18:30
Prof. Dr. Michael Müller
Albert-Ludwigs-University of Freiburg
“From biosynthesis to drug synthesis: biomimetic concepts for the ‘design’ of novel pharmaceuticals”

第40回*
平成30年5月31日(木)17:30〜18:30
水口 貴章先生(生命薬化学教室)
“上皮成長因子受容体を活用したペプチド性医薬品シードの探索研究”
大多和 正樹先生(薬品製造化学教室)
“神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究”

第39回*
平成30年3月6日(火)17:30〜18:30
小澤 新一郎先生(創薬物理化学教室)
“STAT3 の二量体形成阻害剤の in silico フラグメントマッピング法による検索”
大手 聡先生(微生物薬品製造学教室)
“BMP シグナル関連疾患とシグナル阻害剤の探索研究”

第38回*
平成30年3月2日(金)16:30〜17:30
福原 武志 准教授
順天堂大学医学部神経学講座
“「血管を標的としたDDS 指向性抗体の機能的探索」”

第37回(代表 供田)
平成29年12月14日(木)16:30〜18:00
尾仲 宏康 教授
東京大学農学部 大学院農学生命科学研究科
“「複合培養法による微生物相互作用による放線菌潜在的二次代謝の活性化」”

第36回(代表 藤井)
平成29年12月13日(水)16:00〜18:00
内川 治 教授
立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構
“「自然な眠りを誘う世界初の睡眠薬ロゼレムはどうやって生まれたか?」 
 〜舞台裏で繰り広げられた創薬のドラマ〜”

第35回*
平成29年11月7日(火)16:30〜18:00
高野 理恵子 先生
第一三共株式会社
“製薬企業における創薬の流れとその実例 インスリン分泌促進剤の創製研究”

第34回*
平成29年10月17日(火)17:30〜18:30
宮本哲也先生(生体分子解析学教室)
“細菌における非標準的 D-アミノ酸の生合成経路の解明”
中森俊輔先生(生薬学教室)
“エフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス (EFE) の実用化に向けた鎮痛作用評価”

第33回*
平成29年10月3日(火)16:00〜17:00
内呂拓実 教授
東京理科大学薬学部 生命創薬科学科
“デカヒドロフルオレン骨格を有する天然由来生物活性物質の全合成”

第32回(代表 長光)
平成29年9月20日(金)16:30〜17:30
黒須三千夫教授
University of Tennessee Health Science Center, College of Pharmacy
“Antibacterial Drug Discovery in Academic Setting: What needs to be done and what should be performed for successful fundraising?”

第31回(代表 供田)
平成29年6月2日(金)16:00〜17:00
小林淳一先生
北海道大学 名誉教授,北海道大学大学院薬学研究院 招聘教員
“創薬資源としての生物活性天然分子の探索研究”

第30回*
平成29年5月19日(金)17:00〜18:00
浦口晋平先生(本学部公衆衛生学研究室)
“植物の有害元素耐性と輸送におけるファイトケラチンの役割”
渡辺俊先生(本学部薬理学研究室)
“疼痛におけるスフィンゴ糖脂質の機能”

第29回*
平成29年3月9日(木)17:00〜18:00
嶋田修之先生(本学部医薬品化学研究室)
“触媒反応を利用した生体分子の環境調和型化学合成”
西山啓太先生(本学部微生物学研究室)
“ビフィズス菌の消化管への定着に関わる菌体表層タンパク質の機能解析”

第28回(代表 供田)
平成29年3月7日(火)16:30〜18:00
繁森英幸先生
筑波大学生命環境系
“植物の巧みな知恵–その謎解き–”

第27回*
平成28年11月24日(木)18:00〜19:00
熊谷剛先生(本学部衛生化学研究室)
“酸化リン脂質依存的に発現誘導される遺伝子群の同定と新規細胞死に対する機能の解析”
清田泰臣先生(本学部生物分子設計学研究室)
“水和情報に基づいたタンパク質複合体立体構造予測”

第26回*
平成28年11月1日(火)17:00〜18:00
斉藤毅先生
筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
“オレキシン受容体作動薬 YNT-185 の開発”

第25回*
平成28年10月4日(火)10:40〜12:10
長澤和夫教授
東京農工大学大学院 工学研究院 生命工学専攻
“グアニジンアルカロイドの合成 —サキシトキシンの科学 —”

第24回*
平成28年9月20日(火)18:00〜19:00
伊藤謙之介先生(本学部生命薬化学研究室)
“光化学的に誘起される炭素—炭素結合形成反応”
森田茜(本学部分子薬理学研究室博士課程2年)
“網膜血管パターン異常と網膜疾患発症リスクとの関連”

第23回*
平成28年7月29日(金)16:00〜17:00
藤原亮一先生(本学部薬剤学研究室)
“UDP-グルクロン酸転移酵素によるビリルビン代謝制御とその生理学的意義”
白畑辰弥先生(本学部生薬学研究室)
1H-NMRを活用した生薬のメタボリックプロファイリング”

第22回(代表 吉山)
平成28年7月19日(火)14:00〜15:00
Keiko Assenheimer先生
Central Apotheke Pharamacy (Germany) 
“オールラウンド科学者:薬剤師!”

第21回(代表 今井)
平成28年7月13日(水)16:00〜17:00
田島(後藤)彰先生
フランス国立保健医学研究所(INSERM) パーマネント主任研究員(CR1)
“Drosophila antiviral immunity: New potential of IMD/TNF-R signalling pathway”

第20回(代表 藤井)
平成27年12月1日(火)16:00〜17:00
赤星文彦先生
田辺三菱製薬株式会社
“強くて使いやすい糖尿病治療薬テネリグリプチンの創製
~DPP-4との結合様式を基にした創薬~”

第19回(代表 今井)
平成27年11月28日(土)18:00〜19:00
加藤久典教授
東京大学総括プロジェクト機構
“食の研究におけるマルチオミクス”

第18回(代表 清野)
平成27年7月21日(火)11:00〜12:00
Prof. Dr. Stephan Clemens
Department of Plant Physiology, University of Bayreuth
Molecular Analysis of Plant Metal Tolerance

第17回(代表 供田)
平成27年7月9日(木)16:00〜17:00
小林淳一教授
北海道大学大学院薬学研究院
“生物活性天然分子のケミカルバイオロジー”

第16回*
平成27年6月19日(水)17:00〜18:30
根岸正彦博士
米国NIH
“Biology of nuclear receptors CAR and PXR as cell signal transducing scaffolds”

第15回*
平成26年10月22日(水)16:00〜17:30
Associate Professor Guangbin Dong
Department of Chemistry and Biochemistry, University of Texas
“C–C and C–H Functionalization Based on Common Functional Groups”

第14回(代表 供田)
平成26年10月10日(水)16:00〜17:30
Professor Duy H. Hua
Department of Chemistry, Kansas State University
“Anti-Alzheimer Molecules”

第13回(代表 伊藤)
平成26年9月30日(木)17:00〜18:30
Professor Robert H. Tukey
University of California, San Diego
"Role if the inflammatory response in developmental hyperbilirubinemia"

第12回(代表 牧野)
平成26年7月9日(水)16:00〜17:30
Associate Professor Jérôme Waser
Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne in Switzerland
“Taming Hypervalent Bonds and Strained Rings for catalysis and Synthesis”

第11回 白金セミナー(代表 吉山)
平成25年11月22日(金)11:00〜12:00
Anthony Pudlo 
Iowa Pharmacy Association(アイオワ薬剤師会 副会長)
“アッシュビルプロジェクト™の現在と今後の展望”

第10回 白金セミナー(代表 吉山)
平成25年7月23日(火)11:00〜12:00
Matthew Osterhaus
FAPhA, FASCP (アメリカ薬剤師会次期会長)
“-Pharmacists, Now and in the Future-”

第9回 白金セミナー(代表 供田)
平成25年7月10日(金)10:30〜11:30
Dr. Sanjay Srivastava
Texas Tech University Health Sciences Center
“Role of capsaicin in pancreatic cancer”

第8回 白金セミナー(代表 田辺(吉山))
平成25年6月26日(水)16:00〜17:00
富山 穣 先生
(有)黎明堂 取締役、(株)スマイルファーマ相談役、藤沢市薬業協会 理事
“実務実習と社会に出ると言う事、そして薬局開業を夢見て”

第7回 白金セミナー(代表 吉山)
平成25年4月15日(月)17:00〜18:00
Michael A. Oszko, Pharm.D. BCPS, FASHP
Associate Professor
The University of Kansas School of Pharmacy
“医薬品副作用防止に果たす臨床薬剤師の役割”
-The role of the pharmacist in preventing adverse drug events-

第6回 白金セミナー(代表 吉山)
平成24年10月31日(水)17:00〜18:00
大戸 茂弘 教授
九州大学大学院薬学研究院薬剤学分野
“生体リズム研究と時間治療の最前線”

第5回 白金セミナー(代表 吉山)
平成24年9月21日(金)17:30〜18:30
Krystal L. Edwards, Pharm.D., BCPS
Associate Professor of Pharmacy Practice Specializing in Primary Care
Texas Tech University Health Sciences Center School of Pharmacy
“米国薬剤師の糖尿病治療におけるアセスメントスキル”
-Assessment Skills for Pharmacists for Diabetes Patient Care-

第4回 白金セミナー(代表 長瀬)
平成24年3月16日(金)15:00〜16:30
早川 芳宏 教授
愛知工業大学 教授, 名古屋大学 名誉教授
“力量ある核酸合成法の開発と有用化合物の合成”

第3回 白金セミナー(代表 供田)
平成23年1月20日(金)15:30〜17:00
Professor Byeng Wha Son
Pukyong National University, Korea
“NEW PRODUCTION OF BIOACTIVE COMPOUND BY MICROBIAL TRANSFORMATION AND FEEDING EXPERIMENT”

第2回 白金セミナー(代表 岡田)
平成22年6月25日(金)16:00〜17:30
金 倫基(Yun-Gi Kim) 先生
米国ミシガン大学博士研究員(医学部病理学教室Gabriel Nuñez教授)
“細胞質内センサーであるNod1/Nod2はTLRトレランス時における微生物の認識と生体防御をバックアップする”

第1回 白金セミナー(代表 石井)
平成22年4月2日(金)15:00〜16:30
Professor Ferid Murad, 1998 Nobel Prize Laureate (Physiology or Medicine)
University of Texas
“Discovery of nitric oxide and cyclic GMP in cell signaling and their role in drug development”
 
Copyright (c)  2015 Kitasato University All rights reserved.